実験ノート

いつもながら素晴らしい視点だと感服しています。

これからも情報の提供とご教示をお願いします。
然るに私はユニットリーダーに抜擢された小保方さんが「未熟」な研究者とは思っていませんここは私は見解がちがいます。

ユニットリーダーに抜擢したのがそもそも理研の幹部です。
さらにその「ユニット」は小保方氏一人だったという話(未確認ながら)も読みました。

STAP細胞の生成の証拠となる写真が「切り貼り」であった、と小保方氏も認めています。
切り貼りの理由が「見やすい写真を作ろうとした」ということですが
これはどこにも通らない理屈です。

夕べのTVで、一般の研究者の実験ノートを紹介していましたが
「ねつ造」を疑われないために、また他人からの「改ざん」を阻止するために
実験ノートをどれほど厳格に書いているかを紹介するものでした。

検証不能、再現不能な論文は、もはや「科学」の対象たり得ないのは
理系高校生でも解る話です。
小保方氏が「ねつ造」を意図してなくても
自分の心血をそそいだ研究を大切に思うなら、論文は真っ正直であるべきです。