ペイオフ

ゆうちょ銀行(JP BANK)から提供されるサービスは法律上、郵便貯金法(2007年廃止)によって定められた「郵便貯金」は適用せず、民営化後は銀行法に定められている「預貯金」を準拠した扱いのサービスなのです。

よく聞くコトバ、ペイオフってどういうこと?残念なことに発生した金融機関の破産・倒産に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護 される預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。

ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)が提供しているサービスは一部を除いて郵便貯金法(昭和22年-平成19年)に定められた「郵便貯金」の扱いではなく、民営化後適用された銀行法に定められた「預貯金」に沿った商品なのです。

日本証券業協会(Japan Securities Dealers Association)は、こんなところです。証券会社等の有価証券(株券や債券など)の売買等といった取引等を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体 の堅調なさらなる発展を図り、出資者を守ることを事業の目的としているのだ。

タンス預金⇒インフレの局面では、インフレの分お金の価値が下がるという仕組み。いますぐ暮らしに必要のないお金であるなら、安全ならわずかでも金利が付く商品にした方がよいだろう。