間違っている

国民を煽ったものが靖国に祀られ、国民の為と動いたものは自ら靖国を避けている事実も有る。
戦場に散った、哀れな、無知無学の兵卒は、靖国を信じて死んだ表現には全く賛同出来ないし、

本意ではなかったかも知れないが国家へ殉ずることへの意識は全く無かったとも言えない。まず、デカルトやベルグソンですが、学生のころ読みましたが、
1 正確な読解に基づきたい(間違っているということではないですよ。私が発言するとしたらの話です)
2 比較相対的に、社会性が強いキリスト教とカーシェアリング 神戸、比較相対的に社会性が弱い日本の宗教を分けて考えたい。
3 自分の言葉や発想でお話ししたいの三点から、あえてコメントしないことに致します。
ただ、宗教は、社会の側やその宗教を奉じていない側から、一般論としてコメントすることは難しいと思います。
たとえば、オウム真理教なら、「空中浮揚は……という理由から、インチキだ」「麻原は、殺人罪の刑事責任を取るべきだ」とはいえますが、「オウムと他の者との関係は如何にあるべきか」という問いは立てられません。