吐血

吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺に続く気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血というのは十二指腸より上部の消化管から出血する症状のことを表しています。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べると太めで短くなっており、且つ水平に近いため、雑菌が入りやすいのです。幼い子供が急性中耳炎になりやすいのは、この作りが関わっています。
脂溶性であるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを促進する特徴で広く知られており、血中の濃度を操って、筋肉の働きを調整したり、骨を作ります。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えてタバコを吸う事・お酒・肥満症などのライフスタイルの変化、ストレスなどに縁って、現在日本人に増加しているという疾患だといえます。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散する量に比例するように酷くなる特徴があるというのは周知の事実です。
めまいは診られないのに、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も繰り返すケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ症例もあるそうです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持していく(鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)のに外せない基本的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
お薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する作用の事を解毒と呼び、肝臓の果たしている主要な職責の一つと言えるでしょう。
頸椎などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションに近い役割を持っている椎間板という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出した状態の事を表します。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に購入できて、新薬に等しい成分で負担の小さな(薬の価格が安い)後発医薬品のことを意味します。
「時間に追われているように忙しい」「面倒くさいいろんな人間関係が苦手」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進化に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積される元凶は十人十色です。
暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身両面のストレス、老化といった様々な因子が絡むと、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
70代以上の高齢者や慢性的に病気を持っている人などは、一際肺炎になりやすくて治るのが遅い特徴があるので、予め予防する意識や早め早めの治療が大事です。
クモ膜下出血は90%弱が脳動脈瘤と呼ばれる脳の血管にできる不要なコブが裂けてしまうことが原因となって発症してしまう脳の病気だと多くの人が認識しています。
スマホ使用時の強くて青っぽい光を低減させる効果のあるPC専用の眼鏡が今人気を集めている要因は、疲れ目の改善に多くの人々が努めているからでしょう。