無料

触れ合うことで、要介護者がセラピーアニマルをすごく可愛いと感じることでオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの低減や癒やしに結びつきます。
ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在するクッションのような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい組織がはみ出てしまった症状を称しています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わる新しい手段として、平成24年9月1日から原則無料で受けることのできる定期接種となることによって、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に接種する個別接種の形になりましたのでご注意ください。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞・組織の交替に深く関わっている酵素など、約200種類以上存在する酵素を構成する成分として非常に重要なミネラルの一種です。
杉の花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、子どもが体温は異常ないのにクシャミを連発したり水っぱなが出続けているような状況なら、残念ながら杉花粉症の可能性があるでしょう。
物を食べる時は、食べたいと感じた物を気軽に口へ入れたら何度か咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後体はまことによく動き続けて食物を体に取り込むように努めているのだ。
内臓が脂肪過多になっている肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、「血圧(blood pressure)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2〜3項目一致する様子を、内臓脂肪症候群と呼ぶのです。
我が国における結核対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に準じて実行されてきましたが、半世紀が経過した2007年から結核以外の感染症と同じく「感染症予防法」という法律に沿って遂行されることとなりました。
ライブの開催されるホールや踊るためのクラブハウスなどに設置されている大型スピーカーのすぐ側で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
常識的には骨折しない程度の小さな圧力でも、骨の同一の部分に何度もいつまでもかかってしまうことによって、骨折に至ってしまうことがあるので気を付けなければいけません。
体脂肪の量はさして変化がなく、体重が食事や排尿などによって一時的に増減するケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がるのです。
もしも婦人科の検査で恐れていた通り女性ホルモンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明したら、不足している女性ホルモンを足すような手当などで改善できます。
吐血と喀血は口からの出血に違いはありませんが、喀血とはのどから肺を繋ぐ気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることで、吐血の方は十二指腸よりも上の消化管から血が出ることを指しているのです。
HIV、すなわちエイズウイルスを含んだ血液、精液を始め、母乳、腟分泌液、唾液といった類の体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れることにより、感染する可能性が出てくるのです。
現代の病院の手術室には、御手洗や専用の器械室、準備室を用意させ、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置するか、そうでなければ付近にレントゲン用の専門室を設置しておくのが普通だ。