白癬菌

真正細菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることによって外気や内気に散り、空気中でふわふわ浮いているところを今度は他の人が吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
ほとんどの場合は水虫といえば足を連想し、ことさら足の裏や指の間にできる皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかるのは決して足だけではなく、全身いたる所にうつるという危険性があるので注意してください。
比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう免疫力(抵抗力)を持たない人々が増えたことや、診断が遅れることなどが主因のアウトブレイクや院内感染の発生頻度が高いようです。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を悪くしたり変異をもたらすような悪質な物質を体の中で解毒し、肝臓の働きを促すような能力が明らかになっているのです。
内臓に脂肪が多く付いた肥満が確認され、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2項目以上に相当するような様子のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と言っています。
陰金田虫とは、正式には股部白癬という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの場所に感染してしまい、定着してしまう感染症のことで俗に言う水虫のことです。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、狭心症のみならずありとあらゆるトラブルを誘発する可能性があるといわれています。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、精神的なストレス、加齢といった様々な因子が集まると、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病します。
常識で考えると骨折はしない程度のごく小さな力でも、骨の同一のポイントに何度も連続してかかってしまうことによって、骨折が起こってしまうことがあるので注意しなければいけません。
薬、酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の物質を酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と称しており、肝臓の担う最も重要な仕事の一つなのです。
音楽会の開催されるスペースやディスコなどに設置されている大きなスピーカーのすぐ脇で大きな音を浴び続けて難聴になる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
素人判断では骨を折ったかどうかよく分からない時は、怪我をしてしまった所の骨を弱めに触れてみて、そのポイントに強烈な痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
基礎代謝は人間が動かずにじっとしていても使用するエネルギー量であり、大方を全身の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・脳の3つで使うのです。
ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあって緩衝材のような役割をする椎間板(ツイカンバン)という名称の柔らかくて円い形をした組織がはみ出てしまった症状のことを称しているのです。
「とにかく忙しい」「面倒な付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーや情報の進歩になかなか追いつけない」など、ストレスを感じてしまう因子は人によって違うようです。