触れ合うことで、要介護者がセラピーアニマルをすごく可愛いと感じることでオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの低減や癒やしに結びつきます。
ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在するクッションのような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい組織がはみ出てしまった症状を称しています。続きを読む

真正細菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることによって外気や内気に散り、空気中でふわふわ浮いているところを今度は他の人が吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
ほとんどの場合は水虫といえば足を連想し、ことさら足の裏や指の間にできる皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかるのは決して足だけではなく、全身いたる所にうつるという危険性があるので注意してください。続きを読む

強い痛みを伴うヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあってクッションみたいな役割をする椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の線維軟骨が突出した症例の事を表しています。続きを読む

杉の花粉が飛ぶ春に、小さな子どもが体温は平熱なのにしょっちゅうくしゃみしたり水っ洟が止まる気配をみせない状況なら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんと服薬すれば、大体、多くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、とはいえ食道粘膜の炎症反応そのものが全快したことを意味しないので留意してください。
肥満というのは勿論あくまで食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が因子になっていますが、量が等しい食事であれ、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く結果になります。続きを読む

ストレスがかかり、溜まるというメカニズムや、手軽で有効なストレス対策など、ストレスに関しての詳細な知識を学んでいる人は、現時点ではまだ少ないようです。続きを読む

スギの花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、まだ小さなお子さんが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミしたり水っぱなが出続けているような状況なら、その子は杉花粉症の恐れがあります。続きを読む

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると輪状、要はまるい形をした赤い色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ症状の総称であって、素因はまさしく多種多彩なのです。続きを読む

吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺に続く気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血というのは十二指腸より上部の消化管から出血する症状のことを表しています。続きを読む

ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない回路に組み込ませるため、一層細分化することを助長するという作用もあります。
メタボリックであるとは言われていなくても、臓器に脂肪が溜まるパターンの悪質な体重過多を持ってしまうことに縁って、いろんな生活習慣病を引き起こしやすくなります。続きを読む

言うまでもなく支払い拒否ということになれば、ヤミ金は乱暴な口調や脅すような発言をするはずなんです。続きを読む